iPhone ケース

どのようなiPhoneケースがあるのか紹介

iPhoneのケースの色々な種類を紹介します。iPhoneのケースと一口にいいますが、その種類は大きく4つの種類に分けることができるといえます。iPhoneのケースの目的がどのようにiPhoneを守るかという点を踏まえて紹介していきます。1つ目はバンパータイプというもので、車のバンパーのようにiPhoneの側面のみ守るタイプです。スタイリッシュな印象が特徴的です。2つ目は側面と背面部分を保護するタイプで、iPhoneケースの一般的なものといえばこのタイプを思い浮かべる方がほとんどではないでしょうか。毎年新商品が発売されるなどポピュラーなタイプで種類が豊富です。3つ目は手帳型と呼ばれるもので手帳型をしたケースの中にiPhoneを入れて守るものです。4つ目は全面保護タイプです。iPhoneを360度保護できるケースで絶対傷を付けたくない方におすすめのタイプです。

iPhoneのケースのデザインから素材まで違いやおすすめを説明します

iPhoneのケースのデザインをオーダーメイドで作る業者も増えてきました。iPhoneケースのデザイナーなどもニーズが高まっています。Webデザインツールなどもありますので自作のデザインが手軽にできるケースで楽しむ方も増えています。素材としては、一般的なのがポリカーボネイトで出来ているハードケースと呼ばれるものです。材質はPCと表記されています。硬くクリアーな材質を生かしてプリントなどデザインをきれいに施工することが出来ます。逆に柔らかく衝撃に強いのがソフトケースと呼ばれるものでシリコン製のものが多く、加工しやすく立体的にさまざまな形状のケースを作ることができます。キャラクターの形状をしたケースなども作ることが容易ですが、ホコリなどの汚れが付きやすいのでこまめなお手入れが必要になってきます。

どのようなiPhoneケースがあるのか紹介します

iPhoneのケースは当初から比べると使われる素材からデザインまでさまざまな変化を続けています。ハードケースでは材質が木製のものもありますが衝撃と耐水性に難点があります。手帳型は人気の高いケースですがレザーとなるとお手入れに手間がかかる点とデザインの加工がし難いという点もあります。大まかにハードケースとソフトケースに分けられますが、ハードケースは衝撃を跳ね返し、ソフトケースは衝撃を吸収するという特徴があるといえます。どちらの素材も材質の向上によって進化してきていると言えるでしょう。自分の作りたいケースによってハードかソフトかを選ぶと良いでしょう。デザイン面を大きく取れるのはハードケースで費用も安価に抑えることができます。またソフトケースは加工しやすいシリコン製の特徴を活かした立体的な形状のケースを作ることができます。色々デザインを見てじっくり選ぶようにしましょう。

プラチナ会員はなんといつでも8%オフ!さらに毎月送料無料クーポンを3枚プレゼント中! 割引クーポンが手に入る会員ランク特典もある! 最新スマホケースや保護フィルムを厳選! 新しく買ったスマホを保護するケースやフィルム、便利な最新モバイルアクセサリーが手に入ります。 専門ライターがレビューした確かな品質が安心です。 豊富な品揃えであなたにぴったりが見つかります。 iPhone専用のケース購入ならAppBank Storeへ