おすすめのiPhoneケースの種類や素材は何か

機能性が優れていることや洗練されたデザインであることから人気が高いiPhoneですが、他人と被らないようにお気に入りのケースを装着しているという人も珍しくないでしょう。中にはいくつか持っており、その日の気分や用途に合わせて選んで付け替えるという方もいるかもしれません。また、ケースには見た目をより自分好みに変えることができるということ以外にも、本体を傷や衝撃などから守るという意味もあるので重要な役割になっているともいえます。そんなiPhoneケースですが、年々新しい種類が増えており、以前はポリカーボネート素材で作ったハードケースやシリコン素材のソフトケース、革素材などの手帳型というのがほとんどでしたが、現在は素材も増えてデザインもさまざまなタイプがあるのでおすすめをご紹介します。

一体どれだけの種類があるのでしょうか

iPhoneのケースは進化しており、素材だけでも、TPU・ポリカーボネート・革・シリコン・木・アルミなど色々な種類があります。特におすすめしたいのがTPUという素材です。ハードとソフトの間くらいで程よく硬さがあるため着脱しやすかったり、iPhone本体に傷が付きにくいといったところがメリットです。ただ、クリアケースだと黄ばんでしまうというデメリットもあるので色選びには注意が必要です。そして、最近ではこのTPUを使用したハイブリットケースが登場しており、側面は衝撃に強いTPUを採用し、背面には透明感の高いポリカーボネートを採用するというiPhoneの魅力を生かしつつも護る役割まで果たすことのできる素晴らしいケースになっています。他にも個性的なデザインや実用性の高いデザインなど、素材によって選べる幅が広がっているので以前よりもより楽しめるようになっているといえます。

おすすめのデザインをご紹介します

iPhoneを持っているだけで、電車などの交通機関を利用出来たり、コンビニで買い物ができたら便利ですよね。iPhone自体も進化しているので、今では必要ない場合もあるかもしれませんが、手帳型のケースは非常に便利です。カードを何枚か収納することができるので、交通系ICカードの他にもクレジットカードやポイントカードなども入れて持ち歩くことができます。手帳型以外にもスリット入りのケースもあるので好みで選べます。それから、iPhoneで撮影した写真や好きな文字を入れてオリジナルのケースが作れるアプリなどもあり、オンリーワンのケースが欲しい人には人気が高くなっています。このように、色々な種類があり迷ってしまいますが、毎日持ち歩くiPhoneをより魅力的にするお気に入りのケースを探してみてはいかがでしょうか。