年代別売れ行きが良いiPhoneケースとは

iPhoneのケースの年代別での人気のあるケースを紹介します。10代(学生)は、今絶大な支持を受けている特定のブランドのケースがあります。こちらはよくテレビや雑誌で見かけるのではないでしょうか。他にもあります。シリコンタイプのケースで自身の好きなキャラクター、アーティスト、ブランド系のデザインが人気となります。あえて個性を出すために、おもしろいデザインのケースを購入する人もいます。20代からそれ以降の年代はあまり差がありませんが、10代とは少し傾向が変わってきます。デザインや色合いがシンプルなものが好まれるようになってきます。手帳型が人気となってきて、レザー手帳を持つ人も多くなります。手帳型の特徴は内側にポケットが付いていて、カード等を収納することが出来ます。ミラーが付いているものもあります。

iPhoneケースの形と素材について

iPhoneケースを選ぶ際に形や素材も重要となってきます。ケースの形は大きく分けると4種類あります。①シェルケース、これは背面とiPhoneの縁をカバーするケースです。②バンパーケース、iPhoneの縁をカバーします。③手帳型、マグネットできちんと画面側を閉じることができ画面側もきちんとカバーすることができます。④最近、背面と縁と表面全体をカバーすることができる手帳型に似た全面強化ガラスケースが登場しました。素材は6種類あります。①ソフトカバー(シリコン)、デザイン豊富で手触りが良く人気です。②ソフトカバー(TPU)、安価です。③ハードカバー(強化ガラス)。④ハードカバー(ポリカーポネト)。⑤アルミ、見た目がかっこいいです。⑥レザー、こちらは手帳型に合います。それぞれに良い点がありますので、ご自分の趣味・目的に合わせてお探しください。

おもしろiPhoneケースをご紹介します

iPhoneのケースには面白い形やデザインをしたものが多数あります。リングが背面についているものはよく見かけますね。とてもお洒落にみえます。他にも、カバー背面にバインダー・プチプチが付いたもの、猫の肉球のぬいぐるみやぬいぐるみ本体が一体化して付いているものもあります。実用的でもありますし、癒し効果抜群です。リアルなものでは、手や鼻のフィギュアが付いていて、ご自分の手で握ったり手を二本差して携帯を支えることが出来ます。食品系ではお菓子や飲み物のパッケージ、棒アイスをイメージしたものもあります。ジョッキに入ったビールをイメージしたものは、ジョッキについている泡や水滴が本物そっくりに作られています。昔に流行ったゲーム機本体やコントローラに似せたもの、背面でミニゲームが出来るものまであります。