近年人気のiPhoneケースの特徴や機能

電車の中でケースに入れていないiPhoneを見たことありますか?まず見ないです。またカバーやケースに入っているiPhoneの表面にヒビが入っていたら何だか残念な気分になった方も多いでしょう。財布を出すよりもスマホを見ることの方が圧倒的に多くなった今日においてケースは大変重要です。名刺よりもあなた自身を表現していると言っても過言ではありません。iPhoneは10代からシニアまで幅広くユーザーがいますので年代や職業、生活スタイルでケースに対する要望や人気も違ってきます。価格も数百円から数万円まで様々です。ケースのタイプは、手帳型ケース、木製ハードケース、クリアケース、ハードケース、本革レザー手帳型ケース、キャラクターケース、耐衝撃ハードケース、防水型ケースとどれも魅力的なものばかりです。

ケースの素材とデザインについて

ケースは5つに分類することが可能です。一番高価なものは本革ケースです。天然皮革を使用しています。手触りが大変よく見た目もきれいです。企業や団体で役職が付いたら一度は本革ケースにしましょう。金属素材のケースは亜鉛合金やアルミニウムで作られています。重いですが耐久性に優れています。iPhoneを保護する必要性の高い現場での仕事やアウトドアで活動される方におすすめです。合皮素材は一般的にPUレザーと呼ばれる素材です。本革ではありませんが手触りは本革に近いです。魅力は価格の安さと商品の多さです。一番無難な選択と言ってよいでしょう。プラスチック素材はポリカーボネートが使用されています。薄型ですが強度もありファッショナブルです。TPU素材はソフトケースでよく使用されます。加工しやすさが最大の特徴で様々なデザインのケースに使用されます。強度も高くファッション性を追求される方におすすめです。

人気ケースの特徴や機能について

ここ最近のトレンドは「ガラス+素材」のケースです。iPhoneの美しいフォルムをケースで隠してはもったいないとの発想により強化ガラスを表面と背面に使用したケースが流行しています。側面や角はアルミやチタンを使用し、衝撃に強い作りになっています。iPhoneの美しさと衝撃耐久性を追求したケースが多く販売されています。実務的なケースでは手帳型ケースの人気は依然として高いです。最近の手帳型ケースでは3枚のカードが入るモデルが人気です。キャッシュレス時代に入って、駅の改札や売店そしてコンビニエンスストアに至るまでiPhoneとカード数枚あれば全て事足ります。カードが数枚入る手帳型ケースは忙しい現代人にとっては必需品です。衝撃耐久性、美しさ、利便性、これら3つが最近のトレンドです。