HOME > 家庭教師のについて > 家庭教師の協力は非常に重要です。

家庭教師の協力は非常に重要です。

昔から洋の東西を問わず、優秀な家庭教師を雇うことがステータスであり、非常に効率的な教育を行うことができました。
古代ギリシャのアレクサンダー大王の家庭教師はアリストテレスでした。
費用も掛かりますが、非常に高い教育を子供に与えることもできます。
家庭教師のレベルによって、子供の学業のレベルも上がります。
これからの日本は、とくに少子高齢化で厳しい社会になっていくでしょうから、子供がどのくらい教育を受けて、それらを活かすことができるかどうかで人生の方向性も決まってきます。
日本の現代の家庭教師の力ということでは、個別指導で軌道修正がしやすい教育ができます。
強制力も強くなり、ひとりの子供に特化した教育を施すことができます。
家庭教師の腕次第で、子供の可能性がいくらでも変化していくということでもあります。


しかし、家庭教師がどれほど優秀でも、子供の苦手意識が解消されない限り、なかなかレベルが上がらないということもあります。
またやる気が出なければ、いくら教えても立て板に水ということで、やはり、レベルを上げることができません。
そうなると二つの要素、家庭教師の教え方の上手さや子供との相性と、子供のやる気が出るかどうかで、結果も決まってくるということがわかります。
これらの要素は流動的です。
例えば家庭教師がうまく子供のやる気を出させることができるとか、子供が家庭教師や親の影響で、勉強をしなければならないとか、勉強の面白さに目覚めるとかすれば状況は変わってきます。
そのほか家庭教師に教えてもらいながら、成績が上がり、満足感を体験してしまい、勉強が面白くなるということも起こりえます。


そこで、親が家庭教師や子供と協力をしながら、橋渡しをしたり、子供のやる気を起こしたりしながら、三者が協力をして成果を出すようにすると、うまくいく場合もあります。
親がまかせっきりして、良いことは何もありません。
子供では対応ができないこともありますし、家庭教師も子供やその過程のすべてを知っているわけではありません。
どの方法がいちばん良いかを試行錯誤しながら教えていくしかありません。
それらの労力が少ないほど苦労せずに、子供の成績も上がるようになります。
三者のチームワークが非常に大切になります。
それができる相性の良い家庭教師を選ぶと、子供もストレスを少なくしながら、勉強のレベルを上げることができるようになります。
そして、定期的に相談をしながら、結果を評価するということも重要です。

次の記事へ