HOME > 家庭教師のについて > 家庭教師の選び方のポイントを確認します。

家庭教師の選び方のポイントを確認します。

家庭教師は塾で学ばせるよりも費用は掛かりますが、マンツーマンで教えてもらえるので、成果が期待できます。
費用をかけるのですから、それなりの成果も求められます。
誰でも良いのではなく、教える子供に結果を出させることができる家庭教師が必要になります。
他の多くの子供たちに成果が出ても、肝心の自分の子供に成果が出なければ意味がありません。
逆に他の子供には成果が出なくても、自分の子供に成果が出れば、それでよいわけです。
極端な言い方ですが、あくまでも自分の子供に成果が出る家庭教師を選ぶ必要があります。
そして、子供のレベルを理解して、具体的に引き上げるには、どうしたらよいかという本質を理解している必要があります。
ただ教えるだけでは、一時的に成績が上がったとしても、継続性が見込めないからです。


子供が大学に入るまで長い期間、家庭教師を雇い続ける財力がある家庭はあまり多くないでしょう。
ある一定の期間、子供のために親が無理をするという場合もあります。
そうなると家庭教師に教えてもらう期間に、その後の勉強の進め方を教えてもらう必要があります。
そのきっかけになってくれる家庭教師を選ぶ必要があります。
結局は学ぶのは本人ですから、やる気や成績が継続して上向きになるようにできる家庭教師を選ぶ必要があります。
できれば大学生の場合でも、教える子供と似ているタイプのほうが、乗り越える方法もわかりやすいので、相性も良いはずです。
教える側と教えられる側でも人間関係ですので、相性も重要になります。
親が気にいっても、子供が気に入らなければ勉強自体が進みません。
その点も注意が必要です。


また成績が上がる理由や、手順、段階などを理解しているかどうかもあります。
とにかく教えれば何とかなるという状態では、何とかならなかった時にどうなるのかを考えられません。
家庭教師自身が、受験を成功しているはずですが、それを教えてうまく成績を上げるということを理解していないと、教師としては適任ではないということになります。
自分が勉強をすることと、教えることは別だからです。
家庭教師は、どうしても成果を出す必要があります。
そのために料金も高いからです。
子供に体験的に教えてみて、その後親と相談をして、具体的な方向性を親が納得するように話せないと難しいということにになります。
とくに大学受験まで先が長い子供の場合には、出会う人で人生が変わるので、その点もよく理解しておく必要があります。

次の記事へ