HOME > 家庭教師のについて > 家庭教師は生徒のことを事細かく理解できる身近な存在である

家庭教師は生徒のことを事細かく理解できる身近な存在である

子どもの学習を考えるとき、まず勉強の仕方というものから教えるのが定石と言えるのではないでしょうか。
大概、学習で行き詰ってしまうのは、この勉強の仕方が分からないから、という理由が多いのですね。
確かにこれは学校や学習塾、あるいは予備校などで詳しく習うことはあっても、人にはそれぞれ自分に合った勉強方法とか、自分にはこれしかできないとか、そういう個人差というものがあります。
いくら効果的な学習方法を解いてみても、その方法が自分に合わないなら、実践することはできません。
だからと言って、教える先生もまさか一人の生徒だけに懇切丁寧に指導するわけにはいかない。
教育とはなかなか難しいものですね。
そこで注目されるのがマンツーマンの学習体制、すなわち家庭教師というものなのです。


こうした家庭教師に習うという学習スタイルは、何も最近になって現れたものではありませんよね。
かなり昔からあります。
昔は近所の大学生が小遣い稼ぎのために気心の知れた子どもに勉強を教えている、そんなイメージがありました。
これはこれでなかなかいい感じだとは思いますが、今の家庭教師というものはプロ意識もかなり強く、教え子の性格や学習レベルを完全に理解した上で学習を行いますから、学力の成果は目に見えて上がっていくでしょう。
そんな最近の家庭教師に習うことの大きな魅力というのは、やっぱり1対1の学習が可能であるということに尽きるのですね。
その生徒が今どんな問題に躓いているのか、そこから立ち直らせるためには、いったい何が必要なのか、そういうところまでも面倒をみてくれます。


もう一つ、忘れてはならないメリットがあります。
それは家庭教師は単に苦手な科目を教えてくれる存在だけではなく、実は人生の先輩でもあるのだ、ということ。
ここにはいろいろな意味が含まれます。
もちろん、その家庭教師が実際に体験してきた受験勉強というものを、そのまま生の声で聞くことができたり、効果的な勉強方法を教えてもらえたり、そういうメリットはあります。
しかし、それだけではなく、勉強以外のことでもさまざまな相談やアドバイスを受けることができますよね。
生徒よりも長く生きているのですから、それなりのアドバイスはできます。
映画や読書、旅行など、趣味に関しての話も聞くことができるかもしれません。
そして、今現在心に抱え込んでいる悩みの相談なども、気軽に打ち明けられるような存在になれるかもしれないのですね。