HOME > 家庭教師のについて > 良い家庭教師を選ぶために必要な準備

良い家庭教師を選ぶために必要な準備

「成績がなかなか上がらない」「やる気が出ない」「どうしても志望校に受かりたい」といった要望を、熱心な指導で叶えてくれるのが家庭教師です。
生徒に寄り添って、最も適切な指導法を見つけ出し、目標達成を全力でサポートしてくれる家庭教師は、お子様の人生を左右すると言っても過言ではありませんよね。
それほど大切な「パートナー」だからこそ、安易に決めてしまうことだけは避けましょう。
今は、気軽に無料体験授業を受けることができる家庭教師センターが増えています。
家庭教師として来てもらう教師に、実際に指導をしてもらってから決めましょう。
お子様が「分かりやすい」と感じるかはもちろんのこと、ご家族が「安心して任せられる」と思える教師を選ぶために、しっかりと比較検討を行ってください。


家庭教師の指導料の相場は、大学生教師であれば1時間2000円前後、社会人教師であれば1時間3000円から、という程度です。
プロ家庭教師となると、6000円前後になることもあります。
指導料が高いほど、やはり教師の質は良いと言えます。
しかし、教師選びは指導料の高さではなく「お子様の目標達成のために有益かどうか」を念頭に置きましょう。
いくら指導料の高い教師でも、大学受験を専門としていては、小学生の生徒の力を最大限伸ばすことは難しいでしょう。
「良い教師」とは、どれだけ実績を残しているかも大切ですが、「その生徒の力を伸ばすことができる力を持っている」教師と言えます。
お子様が「分かりやすい」「教わりたい」と思える教師を選んであげることが、家族にできる最大限のサポートです。


家庭教師センターを通して教師を派遣してもらう際は、サポート体制が充実していることを確認してください。
長期的にお子様を任せようと考えるのであれば、小学・中学・高校と学年が上がるごとに最適な教師も変わっていきます。
そのようなときに、こちらから相談するのではなく、むこうから連絡をしてくれるような家庭教師センターを選ぶことが大切です。
また、教師と生徒という関係とは「人と人」の関係です。
勉強の方針で意見が食い違ったり、ささいなことで関係が悪くなったりすることもあります。
そのような問題を解決するために動くのが家庭教師センターの仕事です。
必要とあれば仲裁し、ときには教師の交代も提案してくれるようなサポート体制があれば、何度も何度も家庭教師センターを変更する必要はありませんよね。

次の記事へ